Top Page >> tag:誘惑

うぇーい

2018.02.12.Mon.20:35
ネームこねくり回し中(笑
とりあえず全編通してざくっとしたネームが出来たので、今は微調整の真っ最中。
いつもよりは粗いというか、ざっくりしすぎてる感はあるけれど、勢いを大切にしたいので
もうこっから直で下書きに入ろうかと思ってます。
多分突っ走った先に何か見えるモノがあるんだろーな、とも思えるし。

しかし描けば描くほどやっぱ女教師ってエロいなと思う今日この頃。
教師っていう単語に女がつくってだけでもうなんかね。
理性を超える何かがあるっていうか…知性の裏側に垣間見える本性っていうのか。
勉強だけじゃないのよ、的なね。
書いてるうちに何言ってんのか分かんなくなってきた(笑
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Top Page >> tag:誘惑

女教師モノ制作中

2018.02.08.Thu.20:32
はて、どうしたことでしょうか。
2月になってめっきり冷え込んだ影響なのか何だかいきなり筆が進むようになり、
突然プロットが完成→ただいまネーム作業真っ最中でございます。

次回作は女教師モノとなっております。それも美術教師です。
前回はストーリーよりもシチュエーションの楽しさ重視で作って見た作品ですが、今回は
またストーリー回帰した作品になってます。
こうやって作品の傾向を行ったり来たりするのもリフレッシュになっているのかも知れません。
なんかスコーンと抜けたような感じでストーリーが出来たのでビックリしました。
あまり思い詰め過ぎるのも良くない、っていうことなんでしょうか。
Top Page >> tag:誘惑

レビューのお礼と次回作の抱負なぞ

2017.11.13.Mon.22:18
今日は次作のネタづくりをしていましたので、ネタ作りの際のお約束といいますか
ルーティーンといいますか、みなさんのレビューをまた読み返しておりました。

もう何度読んだでしょうかね。
読むたびに改善に対する新しい発見があるので不思議です。
読む側の私の状態も日々変化しているからなんでしょうか。
きっとレビューはみなさんから頂いたお手紙のようなものなのでしょう。

2度3度とレビューを投稿してくださっている方もいらっしゃり、本当にありがたい限りです。
いくら客観的に作品を見るように気をつけても、やはり主観の檻から逃れることはできません。
まったく違う視線からみた風景に気づかされ、ハッとさせられることしきりです。
実力不足ゆえ完全には活かしきれていないかも知れませんが、少しでも作品作りに
反映できるよう活用させていただいております。

イタダキマース。につきましても、作品に対するレビューを何点か頂いております。
是非とも今後の作品作りに反映させていただきたいと思います。
ありがとうございました。

と、ここまで書いて満足しきってしまいまして、ブログの画面を閉じそうになってしまいました。
次回作の抱負についてまだ何も書いていませんでしたね。

次回作なんですが、大まかなストーリーの外枠の外枠みたいなものができています。
2点ありまして、ひとつは人外もの、もうひとつは人妻ものとなっております。
どちらにするかはまだ全然決めていないのですが、アイデアを出して行くうちに面白く
なってきたほうにしようかと思っております。
ただイタダキマース。はシチュエーションのみに偏りすぎた感があったので、今回は
もう少し人間のドロドロ感といいますか背徳的な心理やストーリーを織り込んだものに
したいなぁと思っております。

しかしひとつ問題点がありまして。
ストーリーを織り込むと筆が遅くなっちゃうんですよねぇ…(苦笑
まったくどうしたものか。
Top Page >> tag:誘惑

サンプル版を公開しました

2017.11.03.Fri.19:15
chobitにて、一滴残らずイタダキマース。【2人の淫魔】のサンプルを公開致しました。
内容の一部を試し読みして頂くことが出来ます。

当サイトの左側カラムにリンクを設置させて頂いておりますが、
下記のアドレスからもご覧頂くことができます。

一滴残らずイタダキマース。【2人の淫魔】 chobitへのリンク
続きを読む "サンプル版を公開しました"
Top Page >> tag:誘惑

サキュバスにサンドイッチされて吸精される男の話

2017.10.16.Mon.21:58
書いてる途中で公開しちゃったのでアップしなおし。
久しぶりの更新のせいか手順忘れてる(汗

すいません、また2週間ほどたっちゃって…

現在最後の仕上げ作業中です。
今週中には完成したいとは思ってますが、進行次第なのでちょっと不明です。

個人的にはもっと肌の質感テリのある隠微な感じにしたいです。

2人のサキュバスに干からびるまで吸精されるお話です