Top Page >> cate:ノベル > title:終焉の地(2/2)

終焉の地(2/2)

2016.01.22.Fri.21:18

前半を読んでいない方はこちら…終焉の地(1/2)へ

2016年1月12日2

「うっ…ううううっ!!」

突き入れた瞬間、股間に沸き立つ歓喜。
絶望に歪んだ顔面が、思わず破顔する。

『うふふ…そうそう。
そうでなくちゃ』

衰えていく俺とは正反対に、女の肌はますます生き生きと輝く。
モノをくわえ込んだ乳房は、精巣から一滴残らず搾り取ろうと激しく蠢く。

「ちょっと待ってくれっ!!
くっ…くはぁっ!?」



抜け殻のような体に、ふいによみがえる熱い生気。
股間の奥底から、快楽にまみれた終焉が駆け上ってくる。

「ああっ!!
待ってくれっ…!!
最後なんだからもう少しッ…!!」

『なあに?
辞世の句でも詠みたいの?』

生気をほとんど失った体の一部だけが、皮膚を突き破らんばかりに異様に熱くたぎる。
もうこれ以上、この獣を押しとどめるのは不可能だ!

「あああああっ!!
頼むっ…頼むからもう少しだけっ!!」

『みっともないわね。
これ以上私を失望させないで頂戴』

女が嗤ったような気がした瞬間、乳房で強く、根元から亀頭に向かってしごき上げられた。

「うわあああああああっ!!」

ロウソクが最後に一層赤々と燃えるような、今までで一番強烈な快楽。

体の底からわき上がった快楽が、脳天まで突き破って辺り一面に飛散した。
脚から全身から、体のすべてが脱力する。

しかし地面に突っ伏した感覚も無い。
俺はどこかにふわふわと浮いているのだろうか?

ぼんやりと仰いだ天。
球体に切り取られた視界が、徐々に徐々に小さくなっていく。

「行かないで…っ!」

「行かないでく…

言葉が途切れたのを合図に、ひとときの騒乱が漆黒の静寂に包まれる。
完全に事切れた男が、モノを乳房に挟んだままの状態で、女の体に覆い被さる。

徐々に体温を失っていく体を優しく撫でながら、女がぽつりと呟いた。

『あら…もう逝っちゃったの?
つまんないわ』
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
No title
前編がアップされてから、後編は今か今かと待っておりましたw

前編での数発分の精液まみれのオッパイを見せつけて誘惑するくだりと
ほら、おいでと言って男の方から挿乳させるというところがかなりたまらなかったですね
おそらく女の方から挟もうと思えば挟めるのに
あえて男の方から死に向かわせるというスタンスがよかったです

後編では、パイズリ誘惑に屈して挿乳した男に対しての女のリアクションと
できるだけパイズリを長く味わおうとする男の浅ましさが見て取れるのがよかったですね
そしてその意思を無視するかのように、パイズリヌキ殺しにかかる女が印象的でした
欲を言えばですが、私のオッパイの乳内で逝きたいんでしょ?的な挑発的な射精煽りのセリフがあると個人的にもっとよかったかなと思いました
あと逝ってしまった後でも挟んでてくれたのが個人的によかったですね~、最後の最後まで乳内の感触を味わいながら逝ってほしかったのでw

この「終焉の地」ですが、ストーリー背景といいますか前日譚が気になりましたね~
なぜヌキ殺される羽目になったのか、とかですね

ショートノベル+イラストと、自分の性癖に付き合ってくださってありがとうございました!
Re: No title
詳細な感想まで頂きありがとうございます。
挑発的な射精煽りのセリフですか。
顔の表情同様、煽りも自分が思っているよりも多少きつめにつけた方が
いいのかも知れないですね。
挑発的な煽り、もっと研究してみます。

しかし勉強になりますね~。
自分一人の世界で書いてると、どうしても得意なものばっかりやってしまったり
書きやすいものばかり書いてしまったりと偏りが出て来てしまうので。
リクに応えて書く、っていうのも刺激的な体験だなと思いました。
何だか新しい世界が開けてきそうな気がします。

こちらこそ、貴重な成長の機会を与えて頂き大変ありがとうございました。
No title
エロゲで抜くこと多いからか、射精煽りが結構クルんですよね、自分の場合w
またも引き合いに出してしまいますが
ゲームでの北見のパイズリの場合
射精したら死ぬのわかってて、いつでも好きなだけぶちまけなさい、とかたっぷり出しなさい、と煽ってきますし
また、ゲームでの主人公の鬼気迫るような、出る出る出る出る!!!、のセリフもダークサイドさんが今回表現したような、快楽にまみれた終焉に向かってる感がいいんですよね

もうプレイ済みかもですが、同じく聖少女さんが原画・シナリオを担当した
STARLESSというゲームでもヌキ殺しプレイあったんですよね
そのゲームでは、主人公相手ではなくパイズリでもないのが個人的に残念なところではあるのですが
それら以外のシチュがかなりよかったヌキ殺しシーンでした
多額の借金を返さなくなった中年男が、自分の妻と息子の近親セックスシーンを見せられながら
妖艶な女主人にヌキ殺される、というものでした

自分も提案するシチュとして、ダークサイドさんの言われる偏りができてしまって
ちょっと申し訳ないです
Re: No title
最近のPCゲーム事情には疎いものでSTARLESSに関しては知りませんでした。
ちょっと調べてみたら、結構きつめのエンディングが多いゲームのようですね。
まさしく「快楽にまみれた終焉」っていう感じなんでしょうか。
妻と息子の近親相姦見せられながらって…きついですね(笑

ほんとこういうジャンルって、絵とシナリオの両方の力が必要なんでしょうね。
ゲームと漫画ということで作品のフォーマットは違いますが、paizuri好きさんが
おっしゃっていたような鬼気迫るようなセリフを書けるようになりたいなぁと
強く思います。
作品のテーマや世界観を増幅したり、見ている人の感情を喚起するという意味では、
セリフももっと重要視しなきゃいけない部分なんでしょうね。

このシーンでは何を表現するべきか、何を言えばより強力に伝わるのか、
そういったことを強く意識して制作していかないとな、と感じました。

paizuri好きさんのご提案ですが、偏っているというよりは深いという感じです。
たくさんの新しい示唆を含んでいて、本当に勉強になります。
あれ?それとも、なんか悪いこと教えられちゃってるのかな?(笑

管理者にだけ表示を許可する